ご挨拶

木元裕行

当社は、昭和33年9月に創業して以来、幾多の変遷を経て、中小造船界の中堅企業として地位を築いて参りました。

これもひとえに、皆様方の永年にわたるご愛顧とご支援の賜物と心より厚くお礼申し上げます。

弊社はこれまで遠洋、近海、内航船舶の建造・修理に際し、「好不況に関わらず船主様、オペレーター様との継続取引を重視した受注方針」を念頭に、顧客の細かいニーズに応えた船造りを行って参りました。

また、時代に即した船造りに対応するため、船台の拡張や最新鋭機の導入、作業効率の改善にいち早く取り組むなど、長年に渡り、製造設備の近代化と環境整備に努めて参りました。

今後も、創業以来の方針であります「船主の心に寄り添う」「地域社会、地場産業に貢献する」との思いを胸に決意を新たに取り組んでいく所存でございます。

これからも、さらなる建造実績を重ね、お客様のますますのご発展と、取引先関係各位、役職員の幸せに通じるよう努力して参りますので、一層のご指導、ご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

代表取締役社長 木元裕行

会社概要

会社案内 表紙
会社案内PDF (6.7MB)

商号 伯方造船株式会社
本社工場 〒794-2395
愛媛県今治市伯方町木浦甲535番地の内第2
TEL 0897-72-1345(代) ・ FAX 0897-72-2623
E-mail hakatasb@d5.dion.ne.jp
代表取締役社長 木元裕行
創業 1958年9月15日
資本金 2,400万円
営業品目 鋼製各種船舶新造及び改造修理、これに付帯する一切の事業
従業員数 97名
主要取引銀行 伊予銀行伯方支店
百十四銀行今治支店
広島銀行今治支店
愛媛銀行伯方支店
四国銀行今治支店
三井住友銀行尾道支店
日本政策金融公庫松山支店

当社は個別郵便番号を取得しております。
当社宛の郵便物につきましては、郵便番号を明瞭かつ正確に記載して頂ければ、住所の記載は省略し、当社の名のみでも差し支えありませんので、是非ご利用ください。

伯方造船株式会社は、次世代育成支援対策推進法に基づき「一般事業主行動計画」を公表いたします。

アクセス

地図

地図を拡大

お車でお越しの方

西瀬戸自動車道しまなみ街道 伯方ICより木浦港方面、約20分です。

船でお越しの方

フェリー時刻表は、芸予汽船のページをご覧ください。
木浦港にて下船、徒歩5分です。

広島・福山よりバスでお越しの方

高速バス、伯方BSにて下車。
伯方町内バスで乗り換え、木浦港にて下車、徒歩5分です。
バス時刻表は、せとうちバスのページをご覧ください。

今治・松山よりバスでお越しの方

松山・今治〜大三島線、伯方BSにて下車。
伯方町内バスで乗り換え、木浦港にて下車、徒歩5分です。
バス時刻表は、せとうちバスのページをご覧ください。

各地からのアクセスは、瀬戸内しまなみ海道振興協議会(SHIMAP)のページをご覧ください。

沿革


1971年当時


1977年当時


1989年当時


2012年当時

内容
1958 9 伯方造船株式会社を初代、木元勇松が資本金700万円にて設立し社長に就任。
鋼製各種小型船舶新造及び修理を開始。
1961 6 二代目社長に木元菊市が就任。
1967 12 原図場及び屋内作業場完成。
1968 10 小型鋼船造船業法に登録。
第1号船台499G/T 第2号船台499G/T 第3号船台499G/T。
登録番号 四小鋼造第11号。
1971 4 第2号造船船台499G/Tを1,000G/Tに拡張。 
許可番号 四海監設許第46-1号。
1971 5 本社事務所及びドックハウス総合ビル完成。
1971 8 払込資本金1,200万円に増資。
1972 1 第1号船台499G/Tを1,000G/T修繕船台に拡張。 
許可番号 四海監設許第46-15号。
1972 3 屋内ブロック組立工場並びに現図場完成。
1973 5 第2号造船船台1,000G/Tを1,600G/Tに呼称能力変更。
1974 3 第1号修繕船台1,000G/Tを2,000G/Tに拡張。
許可番号 舶監許第1444号。
1974 4 第3号船台499G/T廃止。
1974 11 払込資本金2,400万円に増資。
1974 12 第2号造船船台1,600G/Tを2,000G/Tに拡張。 
許可番号 舶監許第1488号。
1977 3 第2号造船船台2,000G/Tを2,500G/Tに拡張。
1980 7 第1号修繕船台(セミドライドック)2,000G/Tを3,100G/Tに呼称能力変更拡張。
1981 10 鋼板切断用にコンピューター内蔵の数値制御プラズマ切断機を導入。
1982 1 第2号造船船台2,500G/Tを4,300G/Tに拡張。
1982 3 第2号造船船台4,300G/Tを4,880G/Tに拡張。
許可番号 舶監許第1702号。
1983 11 CO₂半自動溶接機80台を導入。
1984 8 ショットブラスト加工装置装置設置。
1989 4 現図用コンピューター及びNCプラズマ切断機1基増設。
NCルーター及びマーキング装置を導入。
1993 5 第2号造船船台4,880G/Tを5,999G/Tに拡張。
許可番号 海造許第1883号。
1995 2 三代目社長に木元陽一が就任。
1995 4 本社総合ビル4階建完成。
1995 7 立体式資材倉庫及び発電機室作業所完成。
1996 7 旧本社事務所跡地へ屋内作業工場(第1期工事)完成。
1996 8 NCレーザー切断機及び鋼板文字自動マーキング装置を導入。
1996 9 120T走行式ジブクレーン新設。
1996 11 第2号造船船台5,999G/T船台幅拡張。
許可番号 海造許第1978号。
1997 6 鋼板継ぎロンジ(10電極)溶接装置を導入。
1997 9 全天候型走行式ブロック組立工場(第2期工事)完成。
1998 11 第2号造船船台5,999G/Tを8,400G/Tに拡張。
許可番号 海造許第2112号。
2004 3 第1号修繕船台(セミドライドック)3,100G/Tを4,600G/Tに呼称能力変更拡張。
2006 11 NC型鋼プラズマ切断機を導入。
2010 8 第2号造船船台を151.50m×26.00mに拡張。
許可番号 国海産許2608号。
2010 9 47T固定式ジブクレーンを導入。
2011 8 第1号修繕船台115.50m×18.20mに拡張。
許可番号 国海産許2636号。
2012 5 今治市より、今治市造船振興計画による埋立地を購入し、敷地面積を拡張。
2013 3 三菱重工と1000TEU型コンテナ船の共同開発で提携。
2013 11 四代目社長に木元裕行が就任。
2014 4 NCレーザー切断機及びNCプラズマ切断機更新。

関連会社

富晴産業株式会社

代表者 木元裕行
創立年月日 1971年11月15日
資本金 10,000千円
住所 〒794-2305 愛媛県今治市伯方町木浦乙192-21
事業内容 船舶貸渡業 船舶造修の下請け
運航船舶 外航船

大喜海運株式会社

代表者 木元邦博
創立年月日 1983年12月7日
資本金 3,000千円
住所 〒794-2305 愛媛県今治市伯方町木浦乙192-21
事業内容 船舶貸渡業 船舶運航管理業
運航船舶 内航船

株式会社 丸掬

代表者 木元裕行
創立年月日 1992年1月28日
資本金 10,000千円
住所 〒794-2305 愛媛県今治市伯方町木浦乙192-21
事業内容 船舶貸渡業 舶用資材販売 損保代理店業